投稿日:

家庭用光造形3dプリンターの比較!おすすめはどれ?原理や仕組みも紹介

家庭用光造形3dプリンターの比較!おすすめはどれ?原理や仕組みも紹介

安価な熱溶解積層方式(FDM)の家庭用3Dプリンターを利用している方が多いようですが、最近は10万円以下で購入できる、家庭用光造形方式の3Dプリンターユーザーが増えてきました。
光造形方式の3Dプリンターは20万円~50万円の価格帯の製品が主流でした。しかし、10万円以下の価格帯の家庭用光造形方式の3Dプリンターが目覚ましい勢いで進出しています。そこで今回は、光造形方式の原理や仕組みと、おすすめの家庭用光造形方式の3Dプリンターを紹介します。

家庭用光造形方式の3Dプリンターの原理と仕組み

光造形方式の3Dプリンターと言っても様々な機種があり、造形方式も異なる場合があります。家庭用光造形方式の3Dプリンターでは「SLA(ステレオリソグラフィー)」と「DLP(デジタルライトプロセッシング)」の大きく2種類に分類することができます。それぞれどのように造形するのか説明します。

SLA方式の造形方法

光造形方式の3Dプリンターは、紫外線硬化樹脂に紫外線を当て、造形する原理となっています。そのなかで、SLA方式は、タンクに入っている紫外線硬化樹脂に上から紫外線を照射して、造形する方法です。20万円以上の光造形方式のプリンターではSLA方式を採用している場合が比較的多いです。

DLP方式の造形方法

SLAは紫外線を上から照射して樹脂を硬化させましたが、DLP方式ではプロジェクターを使用して下から紫外線を照射します。造形物はプラットフォームに吊り下げられながら、樹脂が硬化するたびに、上に引き上げられます。10万円以下の価格帯の光造形方式の3DプリンターはDLP方式を採用している場合が多いです。

SLA方式とDLP方式どちらがよいの?

同じ光造形方式の「SLA方式」と「DLP方式」ですが、それぞれ特徴があります。そこでSLA方式とDLP方式の3Dプリンターの特徴を示します。

SLA方式とDLP方式の特徴

SLA方式とDLP方式のプリンターではどのような違いがあるのでしょうか。以下にSLA方式とDLP方式の特徴を示します。

造形速度 解像度 造形物強度
SLA 〇 ◎ △
DLP ◎ 〇 △

DLP方式のほうが、造形速度が早い製品が多いです。造形物の解像度はSLA方式のほうが比較的よい製品が多いようです。造形物の強度はどちらも熱溶解積層方式の造形物に比べると劣ります。

光造形方式はフィギュア制作におすすめ!

光造形方式の造形物は紫外線の影響を受けやすく、強い紫外線を長時間充てると、色や強度が失われる場合があります。近年研究も進み、劣化が少ない光硬化樹脂が開発されていますので、今後は耐久性や耐候性がある新しい樹脂も登場するでしょう。

2019年!光造形方式の家庭用3Dプリンターで物流が変わる!?

3Dプリンターとは?造形方式やその特徴比較!
3Dプリンターで生活にどのような変化が生じるか、製品を購入する前に考える必要がありそうです。家庭用3Dプリンターで出力できるサイズには限界があります。3Dプリンターは今後「物流を変革する製品」になりえるといっている方もいます。ネットショップで商品を購入しても、家に届くまで時間がかかりますよね。しかし、3Dプリンターで出力できる商品はデータをダウンロードするだけです。配達員が自動車で商品を運ぶ手間が省けるということですね。そこで、重要になるのが、3Dプリンターの「造形速度」と「造形サイズ」です。造形速度が早ければ、大きな造形物でもすぐに出力できます。これから光造形方式の家庭用3Dプリンターを購入する方は、解像度と一緒に「造形速度」と「造形サイズ」の数値に注目してみるとよいでしょう。

令和元年!2019年おすすめ家庭用光造形方式3Dプリンター5選

令和元年!2019年おすすめ家庭用光造形方式3Dプリンター5選

令和元年となる今年2019年は、家庭用光造形方式の3Dプリンターに注目が集まっているようです。費用対効果がすぐれている製品が次々と登場しています。そこで2019年おすすめの光造形方式3Dプリンターを5機種紹介します。

Phrozen Shuffle

「Phrozen Shuffle」はコストパフォーマンスが良好な光造形方式の3Dプリンターで、10万円台で購入できます。こちらの家庭用光造形方式3DプリンターはDLP方式を採用しております。造形速度は「30mm/h」となっており、高価格帯の3Dプリンターと比較しても遜色ありません。また解像度も高く、高精度の部品を造形することが可能です。以下にPhrozen Shuffleのスペックを示します。

造形速度 30mm/h
XY解像度 47μm
Z解像度 10μm
造形サイズ 12×6.8×20cm

光造形方式のプリンター共通の注意点が「サポート材と出力する向き」です。光造形方式の造形時間はZ軸の高さに比例して長くなるので、長い造形物はデータを横にして出力するようにします。この機種は、樹脂の入手や本体のメンテナンスを考慮された、安心安全の製品に仕上がっています。2019年おすすめの家庭用光造形方式3Dプリンターの1つです。

ANYCUBIC PHOTON

「ANYCUBIC PHOTON」は5万円台で購入できる家庭用光造形方式3Dプリンターです。この機種の特徴は価格です。この機種の登場で、低価格帯の光造形方式3Dプリンターに注目が集まりました。今までなら手が出ない光造形方式を手軽に楽しめるという意見がとても多いようです。解像度や造形サイズなども、高価格帯の光造形方式のプリンターに比べても引け劣らない仕様となっています。以下にANYCUBIC PHOTONのスペックを示します。

造形速度 20mm/h
XY解像度 47μm
Z解像度 10μm
造形サイズ 115×65×155mm

造形サイズと造形速度が他の機種と比べると若干数値が低いですが、光造形方式のプリンターを気軽に遊ぶには十分なスペックとなっています。光造形方式の3Dプリンターの入門機としての位置づけになっているようです。こちらの商品も2019年人気が伸びる機種となりそうです。

ノーベル1.0A

ノーベル1.0Aは大手3Dプリンターメーカー「XYZプリンティング」から発売されているSLA方式を採用した光造形方式のプリンターです。XYZプリンティングの光造形方式のメイン機種となっています。以下にノーベル1.0Aのスペックを示します。

印刷方式 SLA
積層ピッチ 0.025/0.05/0.1mm
XY軸分解能 0.13mm
造形サイズ 128×128×200mm

ノーベル1.0Aは、メーカーのサポート体制は万全ですが、本体価格が高いのがネックです。造形サイズが大きいので、本格的なフィギュア制作に向いている機種です。

Sparkmaker

「Sparkmaker」はクラウドファンディングで注目され、製作販売された光造形方式の家庭用3Dプリンターです。この機種の特徴は机の上に置いて作業ができるほどコンパクトに設計されています。

造形速度 8~15 S/層
XY解像度 100μm
Z解像度 20μm
造形サイズ 98×55×125mm

解像度も造形サイズも他の機種と比べると劣りますが、本体価格が2万円台で購入することができます。光造形方式の3Dプリンターの仕組みを勉強したい方にとってはコストパフォーマンスが優秀な機種と言えるでしょう。

Phrozen Shuffle XL

「Phrozen Shuffle XL」は「Phrozen Shuffle」の上位機種と認識してよいでしょう。Phrozen Shufflと比べ、造形サイズが大きくなっています。解像度も良好で、30mm/で出力してくれます。価格も10万円台で購入でき、費用対効果も抜群といってよいでしょう。以下にPhrozen Shuffle XLのスペックを示します。

造形速度 30mm/h
XY解像度 75μm
Z解像度 10μm
造形サイズ 19×12×20cm

Z軸200mmを超える光造形方式の3Dプリンターは、30万円を超える製品が比較的多いです。「Phrozen Shuffle XL」は大きいサイズの精密部品などの制作に最適でしょう。2019年おすすめの光造形方式の家庭用3Dプリンターです。

2019年は低価格スペック光造形方式3Dプリンターに注目!

2019年は低価格スペック光造形方式3Dプリンターに注目!
2019年は光造形方式の家庭用3Dプリンターの低価格帯の製品人気が高まりそうですね。操作が難しい低価格帯の光造形方式のプリンターでも、先駆者たちが試行錯誤したセッティングや出力のコツなどの情報がブログなどにたくさん掲載されていますので、安心して扱えます。低価格帯の光造形方式プリンターでも十分満足いく造形物を出力することは可能です。光造形方式の特徴をしっかりと把握して、後悔のないプリンター選びができれば理想的ですね。3Dプリンターについてお困りの際はSK本舗に問い合わせてみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です