投稿日:

3dプリンターのデータ作成方法とオススメ作成ソフト3選

3dプリンターのデータ作成方法とオススメ作成ソフト3選

3Dプリンターを購入しても、3Dデータ作成ソフトの技術がなければ、思うような造形物を出力することはできません。3Dプリンターを購入しても、3Dデータ制作ソフトの扱いで挫折をしてしまう方が多いようです。いきなり操作が難しいプロ向けの3Dデータ作成ソフトを使用しても、使いこなすには時間がかかります。そこで今回は3Dデータ作成方法と、おすすめ3Dデータ作成ソフトを3つ紹介します。初心者でも3Dデータは作成することができるのでしょうか。

3Dプリンターのデータ制作概要

3Dデータ作成に使えるソフトはたくさん存在しますが、データ作成の基本的な概念は共通しています。そこで3Dプリンター用のデータ作成の概要を説明します。

3Dデータ3つの作成方法とその特徴

3Dデータは「CAD」「3DCG」「スキャナ」の3つの方法で作成することが可能です。用途に適した3Dデータソフトを選ぶことが重要です。そこでこれら3つの3Dデータソフトの特徴を紹介します。

CAD系ソフトのメリット・デメリット

CAD系3Dデータソフトは、基本となる図をスケッチします。スケッチした2次元の図を立体にすることで3Dデータを作ることができます。スケッチした図は何も物体が存在しない空間としても扱うことができます。一般的なCAD系3Dデータ作成ソフトは物質と空間を組み合わせて、3Dデータを制作します。以下にCAD系3Dデータソフトのメリット・デメリットを示します。

メリット

  • 高精度の部品の製造が可能
  • 無料で使用できるソフトが多い
  • 耐久性の検査なども可能

デメリット

  • 扱いが難しい
  • 英語表記のソフトが多い

最初は入門者向けの操作が簡単なソフトを選ぶことをおすすめします。複雑な造形物の制作は3Dデータ作成に慣れてきてからのほうがよいでしょう。

3DCG系ソフトのメリット・デメリット

3DCGソフトを使って3Dデータを制作することもできます。3DCGソフトは初心者には難易度が高いと思われがちですが、入門者用のソフトは比較的簡単に3Dデータを制作することが可能です。3DCG系ソフトはフィギュア制作などに使用されている場合が多いです。流線型の造形物の制作に向いています。以下に3DCG系ソフトのメリット・デメリットを示します。

メリット

  • 流線型のデータ制作が可能
  • 比較的操作が簡単

デメリット

  • 精密部品のデータ制作には向かない
  • 有料ソフトが多い

3DCGはフィギュア制作に使用される場合が多く、CAD系のソフトとは異なり、センスが求められるソフトです。精密部品のデータ制作には向きませんが、趣味でフィギュア制作に使用するならおすすめのソフトです。

3Dスキャナのメリット・デメリット

3Dスキャナを使用して3Dデータを制作することができます。3Dスキャナの特徴はすでにある造形物をデータにする点です。一見メリットが内容に見えますが、1点ものの商品を量産する際に、3Dスキャナを使用すれば、簡単に同じデータを作成することができます。3Dデータをゼロから作る手間を省いてくれます。以下に3Dスキャナのメリット・デメリットを示します。

メリット

  • 操作が簡単
  • データ制作の手間を省いてくれる

デメリット

  • スキャナ本体の価格が高い
  • スキャンしたデータに誤差が生じる場合がある

3Dスキャナで3Dデータ制作を検討している方は、CADや3DCG系のソフトの扱い方もある程度把握しておかなければ、データを修正することが難しいでしょう。

2019年おすすめ3Dデータ作成ソフト3選!

3Dプリンターとは?造形方式やその特徴比較!

ここまでは3Dデータ制作方法を紹介してきました。ここからは、初心者でも扱うことができる3Dデータ作成ソフトを5つ紹介します。

Tinkercad(ティンカーキャド)

Tinkercad(ティンカーキャド)は子供から大人まで、誰でも簡単に3Dデータを制作することができるAutoDesk社が提供している3Dデータ制作ソフトです。チュートリアルがあるので、指示に従って操作すればすぐに覚えることができます。また、クラウドベースで作業ができるので、仲間と共同で3Dデータを作成することが可能です。CAD系ソフトの基本的な概念が詰まっているので、これからCADを勉強してみたい人にはおすすめのソフトです。

Fusion360

Fusion360もAutoDesk社から配信されている人気のCAD系ソフトです。Fusion360では、本格的な精密部品の設計を最終工程まですべて通して完結することが可能です。プロ仕様のCADのなかでも、比較的操作も簡単で、Fusion360を導入している企業や個人事業主が多いです。また、スタートアップ企業では無料でソフトを利用できます。これからビジネスに向けて、CADを本格的に勉強する人におすすめのソフトです。

a5Blender

Blenderは3DCG系の人気ソフトです。モデリング機能やアニメーション機能、シミュレーション機能など様々な機能が詰まっています。操作性は若干慣れるまで時間がかかるという意見が多いようですが、専門書などが多数販売されていますので、安心して利用できるソフトです。フィギュア制作に使用している方が多いようです。

クラウドベースで作業できる3Dデータ作成ソフトを選ぼう!

モノづくりは1人で作業するケースのほうが少ないです。ビジネスでは様々な人と一緒によいものを作り上げていきます。3Dデータ作成ソフトもいろいろな人と一緒に作業できるクラウドベースのソフトを使用することをおすすめします。使用している3Dプリンターと、用途を決めて、適正にあったソフト選びができれば理想的ですね。3Dプリンターについてお困りの際はSK本舗に問い合わせてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です